給湯器 修理を水道工事専門業者で修理

寒い季節を迎えるにあたって給湯器はありがたい存在なのですが、もしも使いたい時にお湯が出なかったら、お風呂に入れなくなるのはもちろん食器洗いにも不便します。給湯器はガスを使う電化製品だけに、水道工事専門業者で修理してもらうのが安全なのですが、給湯器の正しい使い方ができているか、いまいちど確認しておくことも大切です。

■凍結でお湯が出ない

一般的に給湯器本体が屋外に設置されている環境で最も注意したいのは凍結による故障です。特に厳しい季節に水道工事専門業者への依頼が殺到すれば、キャンセル待ちも覚悟しなければなりません。給湯器は年々進化している分だけ精密にできていますので、扱いも慎重にしていく必要があります。東京を含む関東でもマイナス4度以下になる時は要注意です。万が一凍結してしまった時に警戒しなければならないのは、ガス漏れおよび給水管の凍結による水道管破裂です。
ガスメーターチェックでガスがきているかどうかや、給水管での水漏れをチェックしてみましょう。地震で安全装置が作動する事もありますので、心あたりがあれば確認してみてください。給湯器そのものにエラー表示されていないかも併せて確認します。無料点検をしてくれる業者は安心ですが、他業者ですと追加でオプション料金が請求される時もあります。見積もりをとる事は重要です。ちなみに10年以上使っている場合は修理よりも交換を進められる事が多くなります。凍結による故障は仮に買ったばかりであっても保証対象外になりますので、凍結させないための工夫が重要です。

■凍結させないための工夫

東北など極寒地域で実際に行われている凍結防止策は参考になります。最も有効なのは水抜きを徹底する事です。特に夜間の冷えに備えて水抜きは重要です、正直これだけでもかなり凍結を防げます。給湯栓から水を流し続ける、給湯器につながる水道管を保温する事も重要です、凍結予防ヒーターがついていますので、少なくとも冬期の間は作動させた方が無難です。その他はマニュアルに明示された方法に従いましょう。


■まとめ
天候だけはどうしても避けられないことですから、日頃のメンテナンスが欠かせません。給湯器 修理は内容によって費用が変わってきますのでメーカーと相談して検討しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ